女性ホルモンはコラーゲンを摂取することで活性化するの?コラーゲン妊活について

皆さんが知っている女性ホルモンは、コラーゲンの合成を盛んにする作用があります。
その為、女性の肌の質を常に左右しているのです。そんな、コラーゲンと女性ホルモンの関係に関して今回は詳細に紹介いたします。

排卵と深いかかわりがある女性ホルモン

女性ホルモンが作用するのは、卵巣だけでは無いのです。関節や骨、しいては肌にまで作用します。この体の細胞を作るのを活性化させるホルモンは、エストロゲンと呼ばれ、女性の排卵部前までに多量に分泌されるホルモンです。肌では、線維芽細胞という肌を作る細胞に、骨では骨芽細胞に作用し、関節のコラーゲンを作る細胞にまで女性ホルモンは作用するのです。肌に関して、女性ホルモンは線維芽細胞に作用して、細胞の生成を新陳代謝を促進させます。

生理後に肌のハリがいい理由

加えて、コラーゲンを分解するホルモンの働きをおおいに阻害するのです。その為、月経が終わった後肌のハリが異常に良いという女性がいるのはそのためなのです。骨に関しては、骨芽細胞にコラーゲンを多く作らせることによって骨の状態を良くします。具体的にいうと、骨が作られるのには、骨を作る土台が必要なのです。私達の骨はリン酸カルシウムが固まって出来ているわけでは無いのです。

コラーゲンが土台となる

リン酸カルシウムを含む細胞が、密着してできています。その為、密着するために必要な土台が必要なのです。その土台がコラーゲンになります。女性ホルモンのエストロゲンが分泌されると、その土台の生成が始まります。その後、リン酸カルシウムを含んだ骨芽細胞がくっついて骨を作っているのです。エストロゲンはコラーゲンの合成を促進することで骨の機能を維持していたのです。加えて骨を破壊する破骨細胞の機能を抑えることもしているのです。

 

イソフラボンと女性ホルモンの関係

そして、軟骨にも、エストロゲンは作用して、軟骨に必要なⅡ型コラーゲンの生成を促進しています。これだけ、エストロゲンが細胞の生成に作用し、コラーゲン生成に大きく関わっていたのです。ですから、女性が閉経を迎えるとエストロゲンの量が著しく減少してしまうために、こうしたコラーゲンの生成量が減ってしまうのです。そこで、対策で重要なのは、イソフラボンを摂ることですが、ただイソフラボンを摂るだけではなく、ビタミンCや鉄を同時に摂取することが大切なのです。一番おすすめしたいのは、豆乳を用いたスムージーを作るのが一番適しています。簡単で、一度に美味しくイソフラボンとビタミン、ミネラルを摂取することが出来、コラーゲン生成に必要な栄養がとれるからです。葉酸サプリバイブルを参考にしていただければ幸いです。